HOME > 製品情報 > ロックボルト > 凍上緩和装置


凍上緩和装置

凍上緩和装置

凍上緩和装置

凍上緩和装置は、寒冷地を中心に凍上しやすく、ロックボルト材や定着プレートの変形などが起こりやすい場所に予め設置し、ロックボルトの破断を防ぎます。

特許第3920471号


概要

凍上緩和装置とは

寒冷地においては、凍上による受圧構造物の浮き上がりにより、併設されている地山補強土に影響を与える場合があります。凍上緩和装置は、凍上の浮き上がり量をコイルバネにより緩衝し、補強材の破壊を防止します。 【右の写真は凍上による補強材の破断例】


現場での凍上に対する性能確認試験

凍上緩和装置の設置により、ロックボルトにかかる荷重が、年間を通し、大きな変状が無くなることが確認されました。

アンカー軸力経日変化図

特長

凍上緩和装置の特長

1 凍上量に応じて、バネを適宜選択できます(想定凍上量が必要)。
2 スプリングケースは背面保護具の機能も有します。
3 ナット位置の計測で、凍上量や荷重の推定が可能です。
4 凍上だけではなく、地震時の緩衝材としても有効です。

施工手順

施工手順

凍上緩和装置付きHDネット工法

凍上緩和装置付きHDネット工法

HDネット工法についてはこちら

規格

凍上緩和装置の構造

冬季の凍上量以上の圧縮長さを有し、なおかつ設計力以上のバネ定数を有するコイルバネをネット底面に配置し、地山浮き上がり時にロックボルト にかかる荷重を緩和できる構造です。

アンカーパネル工法主要寸法


ページのトップへ戻る