HOME > 製品情報 > KJSジャッキ関連


グラウンドアンカー補修工法

概要

KJS定着緊張システム

KJS工法は自然斜面、掘削断面、山留、擁壁補強、橋台・橋脚の安定など、あらゆる構造物に適用することが可能であり、従来の工法の短所を解決したくさび定着方式の画期的な緊張・定着工法です。
KJS緊張ジャッキは、アンカーヘッドのサイズより4種類用意されているので注意が必要です。
使用に際し、必ずキャリブレーションを実施したものを使用して下さい。

差動緊張装置(DPH)

異なる緊張長さのテンドンの各耐荷体に正確な荷重を導入しなければ、正確な品質保証試験、定着は実現できません。
KJS除去アンカー工法用ジャッキとDPHを組み合わせることで、確実なアンカー試験、定着ができます。
DPHは、各耐荷体に均等な荷重を与えるための装置で、緊張初期に生じる誤差を、各緊張材がそれぞれ均一に取り込むように 設計したことで緊張作業における荷重誤差を許容できる値にすることができます。

特長

KJSジャッキの特徴

1

緊張作業と定着作業の連続性


従来、緊張試験と定着を別々に行っていた行程を一連の作業として実施することができます。
2

施工アンカーの過緊張・サイクル試験の実施及び耐力の全数確認


シャッター板を採用することにより、困難であった過緊張・サイクル試験を実施することが可能になりました。
2

ジャッキストローク不足問題の解決


ジャッキストロークの不足を定着くさびを用いることにより、どんなに自由長の長いアンカーの場合でも簡単に定着することが可能です。
2

緊張作業に関する信頼性の向上と施工管理の容易性


KJSラムチェアーを利用することによって目視による緊張作業の確認並びに施工管理が容易となり、緊張作業についての信頼性が大幅に向上しました。
2

緊張と定着作業の容易性


シャッター板を採用することにより、すべてのアンカーについて定着くさびをセットしたままで自由に、かつ容易に過緊張及び除荷重することが可能です。

規格

KJSジャッキ性能表

60トンジャッキ(J5-4 迄)
ジャッキタイプ KJS60-180 KJS60-200 KJS60-250 KJS60-300
最大緊張荷重 kN 600 600 600 600
最大ストローク mm 180 200 250 300
最大緊張力 Mpa 63.7 63.7 63.7 63.7
緊張側受圧面積 mm2 9425 9425 9425 9425
全長(メイン)L1+L2 mm 578(316) 600(338) 647(385) 717(455)
最大直径 D2 Ømm 164 164 164 164
センターホール径 Ømm  55 55 55 55
重量(メイン) kg 60(38) 63(40) 67(44) 70(50)

100トンジャッキ(J5-7 迄)
ジャッキタイプ KJS100-180 KJS100-200 KJS100-250 KJS100-500
最大緊張荷重 kN 1000 1000 1000 1000
最大ストローク mm 180 200 250 500
最大緊張力 Mpa 67.4 67.4 67.4 67.4
緊張側受圧面積 mm2 14844 14844 14844 14844
全長(メイン)L1+L2 mm 596(330) 615(349) 666(400) 946(680)
最大直径 D2 Ømm 218 218 218 218
センターホール径 Ømm 80 80 80 80
重量(メイン) kg 116(79) 122(85) 132(95) 177(140)

150・250トンジャッキ(J5-12 迄・J6-12 迄)
ジャッキタイプ KJS150-200 KJS150-250 KJS150-500 KJS250-250
最大緊張荷重 kN 1500 1500 1500 2500
最大ストローク mm 200 250 500 250
最大緊張力 Mpa 65.1 65.1 65.1 68.1
緊張側受圧面積 mm2 23032 23032 23032 36700
全長(メイン)L1+L2 mm 654(378) 706(430) 991(715) 825(495)
最大直径 D2 Ømm 260 260 260 340
センターホール径 Ømm 105 105 105 130
重量(メイン) kg 170(120) 185(135) 265(215) 425(340)

油圧ポンプ図

油圧ポンプの性能

形式 EPU-340 UP-450 P-80N
モーター定格出力(kw) 1.5 0.45 手動
吐出量(リットル/min)低圧/高圧 1.2/4.7 高圧0.33
最高圧力 Mpa 68(700) 68(700) 68(700)
重量 kg 90 18 15
寸法 A×B×Cmm 600×550×300 200×195×375 500×120×120
適応するKJSジャッキ すべて 60トン迄 60トン迄

油圧ポンプ図

グラウンドアンカーの維持管理

アンカーヘッドを取り付けます。
KJSくさびのスプリングを痛めない様に注意しながら、PCストランドにくさびを通します。 後でシャッター板を装着する為に、くさびはアンカーヘッドの孔に入れません。
次にインデックス板を取り付けます。 この時、アンカーヘッドの使用した孔の配列と同じ孔 を使用するよう注意してください。
セパレートジャッキはジャッキチェアーが必要ありませんから、まず、定着ジャッキをセットします。 ジャッキの底面にアンカーヘッドのキャップボルトに噛み合う溝がありますから、これを噛み合わ せます。
次にメインジャッキを重ねてセットします。 定着ジャッキとメインジャッキはボルトでジョイントで きますから、一度にセットしてもかまいません。
プーリングヘッドを取り付けます。
アンカーヘッド及び、インデックス板で使用した孔の配列と同じ孔を使用します。
メッキくさびは必ずKJS工法用の物を使用します。
わずかな荷重で緊張し、定着くさびが十分浮き上がったところでシャッター板を差し込みます。

グラウンドアンカーの維持管理

異なる緊張長さのテンドンの各耐荷体に正確な荷重を導入しなければ、正確な品質保証試験、定着は実現できません。
KJS工法用ジャッキとDPHを組み合わせることで、健全なアンカーを施工することができます。
DPHは、各耐荷体の緊張材に均等な荷重を与えるための装置で、緊張初期に生じる誤差を、各緊張材がそれぞれ均一に取り込むように設計したことで緊張作業における荷重誤差を許容できる値にすることができます。

DPH差動緊張装置