HOME > 製品情報 > グラウンドアンカー > KJS仮設アンカー


あらゆる仮設現場において幅広く採用される優秀性

KJS仮設アンカー工法(残置式)とは、Kowa Jacking System の頭文字を取って名付けられた工法で、1989年5月に緊張工法として 特許を取得して以来、あらゆる仮設現場において幅広く採用され、くさび定着工法の優秀性を確立しています。


概要

KJS仮設アンカー工法とは

KJS仮設アンカー工法は、Ø12.7mmおよびØ15.2mmのPC鋼より線を使用した仮設アンカー工法です。
自由長の防錆は現場条件に応じて、部分アンボンドタイプ、ポリシースタイプ、ブルーホースタイプから選択できます。
KJS緊張システムを採用することで、品質保証試験から定着作業までが連続して行え、現場における施工性、品質の向上がはかれます。


KJS仮設アンカー工法各タイプ


特長

KJS仮設アンカー工法の特長

1

部分アンボンドタイプ


自由長部は、専用のグリッシングデバイス機でアンボンド加工します。 自由長部へのグラウトの侵入がなく安定した伸び量が確保できます。
2

ポリシースタイプ


自由長部は、空隙が多いため、グラウトの侵入に注意する必要があります。 境界部の止水は、もっとも信頼性の高いエポキシ樹脂と一般的な止水ブチルゴム (サンタックシーラー)等があります。
2

ブルーホースタイプ


自由長部に、排水用のホースを使用するタイプです。 現場組立て加工に適しています。
自由長部はグリス塗布、防錆テープ(ペトロラタムテープ)等から選べます。

規格

KJS残置式アンカー設計荷重・最大試験荷重

ケーブル規格(ø12.7mmB種)
  アンカーヘッド 鋼線断面積
(mm)
鋼線単位質量
(kg/m)
引張り荷重
(kN)
降伏荷重
(kN)
設計荷重
(kN)
J5-2 J5-2 197.4 1.548 366.0 312.0 237.9
J5-3 J5-3 296.1 2.322 549.0 468.0 356.9
J5-4 J5-4 394.8 3.096 732.0 624.0 475.8
J5-5 J5-7 493.6 3.870 915.0 780.0 594.8
J5-6 592.3 4.644 1098.0 936.0 713.7
J5-7 691.0 5.418 1281.0 1092.0 832.7
J5-8 J5-9 789.7 6.192 1464.0 1248.0 951.6
J5-9 888.4 6.966 1647.0 1404.0 1070.6
J5-10 J5-12 987.1 7.740 1830.0 1560.0 1189.5
J5-11 1085.8 8.514 2013.0 1716.0 1308.5
J5-12 1184.5 9.288 2196.0 1872.0 1427.4

ケーブル規格(ø15.2mmB種)
  アンカーヘッド 鋼線断面積
(mm)
鋼線単位質量
(kg/m)
引張り荷重
(kN)
降伏荷重
(kN)
設計荷重
(kN)
J6-7 J6-7 970.9 7.707 1827 1554 1187.6
J6-8 J6-9 1109.6 8.808 2088 1776 1357.2
J6-9 1248.3 9.909 2349 1998 1526.6
J6-10 J6-12 1387.0 11.010 2610 2220 1696.5
J6-11 1525.7 12.111 2871 2442 1866.2
J6-12 1664.4 13.212 3132 2664 2035.8