グラウンドアンカー補修工法
グラウンドアンカーの維持管理

日本にグラウンドアンカーが導入され50年が経過し、グラウンドアンカーの老朽化による性能低下が確認されています。 これらのグラウンドアンカーの多くは1988年に改訂された「グラウンドアンカー設計・施工基準 (JGS:D1-88)」 以前に施工された「旧タイプアンカー」であり、現在のアンカー(ランクA)に比べると防食性能に問題があります。 そのため、旧タイプアンカーを点検・調査し、現在のアンカー(ランクA)と同等の防食性能まで対策する技術が求められてい ます。

テンドン破断原因の90%以上はアンカー頭部および頭部背面だと
いわれており、 ①②の部分を補修することで旧タイプアンカーの
延命化対策、耐久性向上対策、 補修・補強が可能です。

  1. ①防食性能に問題がある、コンクリートキャッピングによる頭部処理
  2. ②アンカー頭部背面の防錆処理なし
  3. ③アンカー体部は一重防錆造


グラウンドアンカーの維持管理は点検・調査・対策からなります。
調査および対策には新設アンカーとは異なる専用の部材が必要となることがあります。

試験・除荷

 既設のくさび式アンカーは緊張余長部が短く切断されているため、リフトオフ試験や維持性能確認試験を実施するには、カプラーによる接続が必要です。カプラーはPC鋼より線の径や使用本数に応じて適切なものを選定します。  頭部背面調査や維持性能確認試験を実施するには、荷重を解放する必要があります。くさび式アンカーにおける荷重解放の可否は、下記フローによって決まります。再緊張余長が不足し、通常のカプラーで荷重解放が行えない場合は、除荷カプラーを使用します。


リフトオフ

背面補修

旧タイプアンカーにおいては、頭部背面の保護が実施されておらず、この部分を補修することが重要となります。頭部背面の状況はアンカーのタイプや受圧構造物によってさまざまであるため、現場の状況に応じて下記のタイプから適切なものを選定します。


背面補修

頭部背面の補修完了後、再定着および頭部保護を実施します。再緊張に必要な余長が得られない場合は、アンカーヘッド一体型支圧板や低タイプのアンカーヘッド等の特殊部材を使用します。  頭部保護は、頭部キャップおよび内部の防錆油充填が標準となります。


モニタリング

アンカーの残存引張力を経時的に調査するためには、頭部に荷重計を設置する必要があります。既設アンカーは再緊張余長が短い場合が多く、通常の荷重計を設置することは困難です。そのため、薄型の油圧式荷重計が有効となります。また、ブルドン管を取り付けることにより目視による荷重確認も容易に行えます。


緊急対策

鋼棒タイプの旧タイプアンカーにおいては、腐食による破断で頭部が飛び出す事例が発生しています。このような事故を事前に防止するために、頭部の固定や破壊した頭部コンクリートの飛散を防止措置を行う必要があります。