KP受圧板施工風景

ポリエチレン塗装により高い防食性を実現

地耐力に応じてセミスクエアタイプとクロスタイプの2種類から選定でき、受圧面積および許容荷重により12タイプから選定可能。


概要

KP受圧板とは

KP受圧板

KP(Kowa Permanent)受圧板は、剛性のグラウンドアンカー用受圧板です。
表面の防食には酸・アルカリ・無機塩類溶液に対して優れた特性を発揮する
ポリエチレン塗装及び、亜鉛アルミ合金溶射を採用しており、設計においては 防食代も考慮されています。
受圧板形状として、セミスクエアタイプおよびクロスタイプが選定でき、設計アンカー力および地耐力に応じて、12タイプから選定できます。
また、現場条件に応じて、特殊サイズを制作することも可能です。


クロスタイプ載荷試験状況

クロスタイプ載荷試験状況

塗装完了後のチェック

塗装完了後のチェック


特長

KP受圧板の特長

1

耐薬品性


強酸化性酸以外の酸、アルカリ、無機塩類溶液に対して優れた抵抗性を発揮します。
2

電気特性


GT5000は電気的性質の良好な材料を原料としているので、電気材料としても適しています。
2

耐熱特性


耐熱温度は約80℃です。
2

耐水性


水に対する耐久性が非常に高く、吸水率は0.01%以下です。
2

金属密着性


下地プライマー処理なしでも密着状態が良く、耐候性も良好です。

規格

KP受圧板規格

 
 
  型番 許容荷重
(kN)
受圧面積
(m²)
重量
(kg)
A B C DØ
セミスクエア KP480-1900SS 480 2.21 326 1900 250 170.5 800 125
KP700-1900SS 700 2.21 368 1900 250 170.5 800 125
KP480-2400SS 480 3.51 456 2400 300 170.5 800 125
KP700-2400SS 700 3.51 545 2400 300 170.5 800 125
クロス KP540-1900C 540 1.10 220 1900 250 166 750 125
KP800-1900C 800 1.10 250 1900 250 166 750 125
KP540-2400C 540 1.71 317 2400 300 166 800 125
KP800-2400C 800 1.71 394 2400 300 166 800 125
KP200-2900C 200 1.60 275 2900 250 166 750 125
KP300-2900C 300 1.60 322 2900 250 166 750 125
KP380-2900C 360 2.02 358 2900 300 166 800 125
KP550-2900C 550 2.02 454 2900 300 166 800 125

※穴径は標準穴径であり、変更も可能です。

※上記標準仕様以外の規格も対応可能ですのでお気軽にご相談ください。

KP受圧板寸法

KP受圧板寸法


ページのトップへ戻る