沿革

昭和48年9月
  • 有限会社弘和産業開業 MCC除去工法部品販売開始
昭和50年4月
  • 弘和産業株式会社 東京都小平市において資本金200万円にて設立発足
昭和57年2月
  • 増資 資本金 800万円
昭和60年2月
  • 増資 資本金 1,200万円
昭和60年3月
  • KJS工法 (現KJS工法) を開発 特許申請
昭和62年11月
  • KJS工法特許取得 ケー・ジェー・エス・エンジニアリング株式会社を資本金500万円で設立
    KJS工法研究会 (現KJS協会) 発足
平成元年4月
  • 増資 資本金3,000万円
平成元年5月
  • 弘和産業株式会社東京支店 (現本社) 営業本部を東京都青梅市今井3丁目
    (三ツ原工業団地) に開設
平成4年1月
  • グラウンドアンカーテンドン組立工場を団地内に取得し、弘陽エンジニアリング株式会社
    (資本金1,000万円) を設立
    弘和グループ形成
平成4年3月
  • グリスレス除去アンカー工法を開発 特許出願
平成5年5月
  • 引張・圧縮複合型永久アンカー工法を開発
    KJS-PUSH & PULL永久アンカー工法として特許出願3件
平成6年12月
  • グラウンドアンカーテンドン組立新工場を同団地内にて取得 (現第2工場)
平成6年12月
  • 弘和グループ 資本金7,000万円
平成7年3月
  • 弘陽興業株式会社設立 (資本金1,000万円)
平成7年7月
  • ケー・ジェー・エス・エンジニアリング株式会社 資本金1,000万円に増資
平成8年1月
  • 増資 資本金4,000万円
平成8年6月
  • 本社ビルを建設 (現本社)
平成13年3月
  • 「EHD永久アンカー」 建設技術審査証明取得 (財)土木研究センター
平成13年11月
  • 「ディスクセンサー (長期荷重計)」 開発発表
平成14年6月
  • 「EHD永久アンカー Sタイプ」 建設技術審査証明追加取得 (財)土木研究センター
平成14年11月
  • KJSエンジニアリング株式会社に表示変更
平成16年11月
  • EHD永久アンカーをNETIS登録する
平成19年7月
  • 法面補強土工法としてロックボルトの販売を開始する
平成20年10月
  • 東北営業所を開設
平成21年7月
  • 九州営業所を開設
平成22年3月
  • 北海道広域営業所を開設
平成23年2月
  • 金属加工工場(第一工場)建て替え
平成23年6月
  • 大阪営業所を開設
平成23年7月
  • 「EHDアンカー」港湾関連民間技術の確認審査評価証取得 (財)沿岸技術研究センター
平成24年9月
  • 「KPアンカー」建設技術審査証明取得 (財)沿岸技術研究センター